2009年08月14日

悦波はお盆も休まず営業しております

こんにちわ!

やっと夏らしい天気になりましたicon01

悦波はお盆も休まず営業しております!



大好評の真夏の寒晒し蕎麦は、あと残りわずかです!

次回の寒晒し蕎麦は来年以降になってしまいます…kao9

この機会に是非ご賞味下さいませ!

期間限定 真夏の寒晒し蕎麦  1枚  900円
                                 替え玉 300円  


Posted by 悦波(スタッフ一同) at 11:06Comments(0)真夏の寒晒し蕎麦

2009年07月31日

真夏の寒晒し蕎麦

こんにちわ!

毎日お蕎麦を食べてるので、夏バテ知らずの井上ですkao3



7月20日に解禁しました、真夏の寒晒し蕎麦icon14

おかげさまで大好評ですkya- ありがとうございますface05

ただ、残念なんですが、寒晒し蕎麦の在庫が半分を切りましたkao10

このままでいくと、お盆までには完全に無くなるかと思われますicon10

まだお召し上がりになられてない方はこの機会に是非お召し上がり下さいませ!  


Posted by 悦波(スタッフ一同) at 11:37Comments(4)真夏の寒晒し蕎麦

2009年07月20日

本日より解禁!

本日より、真夏の寒晒し蕎麦が解禁になりました!






お値段変わらず、1枚(1人前) 900円 (替え玉 300円) ですkao2

お得な昼の、悦波ランチ膳も、お値段そのまま1000円ですkao2

真夏の寒晒し蕎麦は、無くなり次第終了になりますicon10

この機会に是非ご賞味下さいませ!  


Posted by 悦波(スタッフ一同) at 17:34Comments(4)真夏の寒晒し蕎麦

2009年07月19日

山形県 鶴岡市 悦波 寒晒し蕎麦

いよいよ真夏の寒晒し蕎麦の解禁が明日にせまりました!



明日 7月20日(月・)午前11時からスタートです!

再度、寒晒し蕎麦のおさらいですkao2icon10

寒晒し蕎麦とは?

去年の秋に収穫した新そばを、一旦冷凍庫に保管して眠らせる(熟成させる)

2月の大寒に入ってから、月山の湧き水に3週間ほど浸す
(そうすると蕎麦が、寒さに耐えようとしてギューっと縮んで、旨み、甘みが増す)

アクを抜く

寒風に晒して、天日干しにして乾燥させる

それをそば粉にする

通常の蕎麦より力強い食感ですし、甘みとコシも強いのが一番の特徴です!
もちろん喉越しも格別です!

冬の状態のまま保管し、本来であれば、春先に一度解禁して終了しますが、
当店では、真夏の時期まで寒晒し蕎麦を熟成させ、【ひねそば】の寒晒し蕎麦として提供いたします。
全国でも当店と、山形市山寺に1店舗のみの取り扱いとなっている大変貴重な蕎麦です

【ひね蕎麦】とは?
適切な温度、湿度管理の下、厳重に保管し、熟成した蕎麦のことです。
現在では、新そばよりも最良だという事が、蕎麦通の間では定説になっています。


夜の部では、この粉を使用した【蕎麦がき】も期間限定で提供しております。

寒晒し十割蕎麦は期間限定で、無くなり次第、終了とさせていただきます(m´・ω・`)m

期間内は、寒晒し蕎麦と、田舎系の黒い蕎麦の、2種類の取り扱いとさせて頂きます。

お値段は、変わらず、1枚 900円 でのご提供ですkao1 (替え玉 1枚300円)

ご了承下さいませ。


7月20日(月・)解禁!
真夏の寒晒し蕎麦解禁まで、あと1日!
  


Posted by 悦波(スタッフ一同) at 18:21Comments(4)真夏の寒晒し蕎麦

2009年07月18日

京都府 にしんそば

こんにちわ!

全国各地の名産蕎麦の紹介も、残すところあと2回となりましたface01

今日紹介するのは、にしんそばですface02



みがきにしん(にしんの煮付け)がのっている温かいそばです。

全国的にも知られている蕎麦なんですが、発祥は京都とする説が有力です。

元々みがきにしんは、京都の人々にとっての大切なたんぱく源であり、保存食でもありました。

四方を山に囲まれた京都は、新鮮な海の幸に恵まれる事は少なかったからですface07

にしんそばは、みがきにしんと、お蕎麦を一緒に食べる事によって、栄養バランスの取れた食事を!

と考案されましたface03

それ以降、京都の代表的な味として、にしんそばは全国に広まって行きましたface05


悦波でも、冬期間限定ではありますが、温かいにしん蕎麦は販売しております☆


7月20日(月・)解禁!
真夏の寒晒し蕎麦解禁まで、あと2日!
  


Posted by 悦波(スタッフ一同) at 22:02Comments(3)真夏の寒晒し蕎麦

2009年07月17日

兵庫県 出石(いずし)そば

こんばんわ!

全国各地の名産そばの紹介もあと3回になりましたkao3

今日紹介するお蕎麦は、兵庫県の北部、豊岡市の出石(いずし)地区の出石そばですface01



出石名産の陶器、出石焼の小皿5枚に分けられているのが一番の特徴ですface02

トッピングの種類が、玉子、とろろ、ねぎ、大根おろし、わさび、などさまざまありますface08


出石そばは、宝永三年(1706年)に出石藩の松平氏と、信州上田の仙石氏がお国替えになった際、

仙石氏と一緒に信州からやって来た蕎麦職人が、蕎麦打ちの技法を進化させて完成しましたface03

もともと殿様しか食べれなかった出石そばですが、江戸時代の末期に、出石焼きの小皿に小分けする

「出石皿そば」が定着しました。

食卓に並べた時に豪華に見えるように☆と、小皿に分けられるようになりましたkao18

現在では「出石そば」と言えば「出石皿そば」を指し、基本的に各店で1人前5皿で提供されていますkao3


7月20日(月・)解禁!
真夏の寒晒し蕎麦解禁まで、あと3日!
  


Posted by 悦波(スタッフ一同) at 19:20Comments(2)真夏の寒晒し蕎麦

2009年07月16日

徳島県 そば米雑炊

こんばんわ!

20日の寒晒し蕎麦解禁まであと4日と迫ってきましたface01

今日も全国各地のお蕎麦を紹介しますface02



今日は徳島県のそば米雑炊です。

そば米とは、そばの実から皮を取り除いたもの。地域によっては「むきそば」と呼ばれています。

私の住む庄内地方では「むきそば」って言い方が主流ですface01



お椀にツユをたくさん入れ薬味をのせて、お茶漬けのように食べるやり方が一般的ですface02


徳島県のそば米雑炊の発祥は、東祖谷山村が発祥です。

東祖谷山村には平家に関する興味深い歴史があります。

源平の合戦の、那須与一の扇の的が有名な屋島の合戦で、敗れた平家が、

この東祖谷山村に身を潜めたと言われる伝説が数多く残っています。

今の徳島県の辺りは昔から稲作に適していない地形が多く、昔は粟や”ひえ”が主食だったそうです。

そのため平家の落人たちは、栽培期間が短いそばを作って雑炊や団子を作り、在りし日の京を偲んでいた

と言われていますkao9


7月20日(月・)解禁!
真夏の寒晒し蕎麦解禁まで、あと4日!
  


Posted by 悦波(スタッフ一同) at 18:21Comments(2)真夏の寒晒し蕎麦

2009年07月15日

長野県 すんきそば

こんばんわ!

今日、御来店のお客さまの中に、替え玉を3回頼まれた方がいらっしゃいましたkao17

十割蕎麦普通盛りを、全部で4枚食べられた事になりますkao17

とても美味しそうに、ペロッと食べられてましたので、とても嬉しくなりましたkao2


今日も全国各地のお蕎麦の紹介f01

今日は長野県の木曽開田村の伝統的なそば、すんきそばの紹介ですface01



すんきとは、開田地方で作られるとても酸味の強いカブ菜漬けの一種。

酸っぱい茎の漬け物→酸茎(すぐき)漬け→すんき、となまって変わりましたface02

塩がまだ高級で貴重だった時代に、塩を全く使わない漬け物を作ろうと考え出されましたface08

自然の乳酸菌発酵で作られる漬け物なので、木曽の厳しい寒さが保存に適しています。


この、すんき漬けを温かいかけそばの上にかけて食べるのがすんきそばですface03

当然、酸っぱい味の蕎麦なんですが、私は酸っぱいのは好きなので1度食べてみたいですface05


7月20日(月・)解禁!
真夏の寒晒し蕎麦解禁まで、あと5日!
  


Posted by 悦波(スタッフ一同) at 18:28Comments(0)真夏の寒晒し蕎麦

2009年07月14日

茨城県 けんちんそば

こんばんわ!

今日は茨城県の名産、けんちんそばの紹介ですface01



昔から日本では、めでたい日や節目の時には頻繁に蕎麦が出されていた歴史があります。

茨城県では、節分の時期になると、けんちん汁と一緒にお蕎麦を食べます。

つけ麺スタイルと、ぶっかけスタイルと両方で食べられていますface08

この節分にお蕎麦を食べる習慣は、茨城県が発祥です。


お蕎麦は自家製の十割蕎麦face02寒い時期にピッタリのお蕎麦ですface03


この具沢山で栄養価の高い、けんちん汁の【けんちん】の由来なんですが、

昔、中国からの禅僧から伝わった精進料理の一つ、卷煎(けんちぇん)が変化して、けんちんになった説。

建長(けんちょう)寺と言う寺の修行僧が、料理を作っている時に、豆腐を間違って汁の鍋に落としてしまい

豆腐が入ったままの汁を住職に出したところ美味しかったので”建長汁”→けんちん汁ってなった説。

この2種類があります(;^ω^)


7月20日(月・)解禁!
真夏の寒晒し蕎麦解禁まで、あと6日!  


Posted by 悦波(スタッフ一同) at 17:01Comments(0)真夏の寒晒し蕎麦

2009年07月13日

長野県 本山(もとやま)そば

こんにちわ!

真夏の寒晒し蕎麦の解禁まであと1週間になりました!

全国各地の名産お蕎麦の紹介もラストスパートですf01


今日紹介するのは、長野県の本山そばですface01



長野県塩尻市本山地区は、昔は本山宿と呼ばれ、中山道六十九次の宿場町として栄えました。

今現在、宿場としての機能はなくなりましたが、宿場町の風情ある建物は残っています。


元々蕎麦は、団子状や蕎麦がきのような食べ方が主流だったのですが、

江戸時代に本山宿で、中山道を旅する旅人に切りそば(麺状)で提供になり、

そこから全国各地に切りそばスタイルが広まったのではないか?と言われています。


本山そばは、地元の粉だけを使った蕎麦で、細いのにも関わらずコシが強く、喉越しも良いと評判です。

地元の人たちが、全国に、そば切り発祥の地本山を配信しようと頑張っています。

私も、江戸時代に、中山道から全国に広まった歴史とロマンが再認識されたらいいなと思いましたface02


7月20日(月・)解禁!
真夏の寒晒し蕎麦解禁まで、あと7日!
  


Posted by 悦波(スタッフ一同) at 11:02Comments(3)真夏の寒晒し蕎麦

2009年07月12日

沖縄県 ソーキそば

こんばんわ!

今日も全国各地のお蕎麦の紹介。



今日は沖縄県の沖縄そば、もしくはソーキそばですface02

長時間煮込まれた豚のあばら肉が一番の特徴です☆

スープはかつお、昆布など、麺は小麦粉がベースなので、日本のラーメン、中華そばに近いです。

トッピングは、ネギと紅しょうが、カマボコが入るのが特徴です☆


そば粉は全く入ってないんですが、全国的に有名な食べ物なので、今回紹介しました(;^ω^)


私は一度だけ、高校の修学旅行の際に食べたことがありますface02

ソーキと呼ばれる豚の角煮がとてもやわらかくて、肉だけおかわりしてしまいました(;´∀`)

また沖縄に行く機会があったら、絶対食べたい名産品です♪


7月20日(月・)解禁!
真夏の寒晒し蕎麦解禁まで、あと8日!

  


Posted by 悦波(スタッフ一同) at 23:24Comments(0)真夏の寒晒し蕎麦

2009年07月11日

山口県 瓦そば

こんばんわ!

今月20日の真夏の寒晒し蕎麦の解禁まで、あと10日を切りましたkao1

今日も全国各地の名物蕎麦を紹介しながら、カウントダウンしていきますkao2



今日、ご紹介するのは、山口県の瓦そばですface02

よく熱した瓦の上に、緑色の茶そば、その上に、黄色の錦糸玉子、味付けした牛肉をのせ、

ネギ、海苔、最後にオレンジのもみじおろしとレモンをトッピング☆

見た目がとても色鮮やかですkao8


この瓦そばは、今から50年程前に考案されました。

明治維新直後の明治10年に勃発した西南戦争の際、薩摩方の士族達は戦いの最中に、

周囲に自生している野草や、肉などを瓦を使い、それらを焼いて食べて飢えをしのいだ。

という逸話をヒントに考案されましたkao17


この蕎麦を考案した方は、相当なアイデアマンだったんだと思いますkao3


7月20日(月・)解禁!
真夏の寒晒し蕎麦解禁まで、あと9日!
  


Posted by 悦波(スタッフ一同) at 17:05Comments(2)真夏の寒晒し蕎麦

2009年07月10日

長野県 高遠地方 高遠そば

こんばんわ!

昨日紹介した高遠そばを、色々調べていくうちに、高遠そばがもう一つある事が判明しましたface08



こちらが、長野県高遠地方の高遠そば。
ネギまるごと1本はありませんが…会津地方の高遠そばの元になった蕎麦なんだそうです。

写真左側の”ねりばち”に入っているのは焼き味噌face03
それと、大根おろし、刻みネギでいただきますface02

長野県の高遠地方は、昔から辛み大根の産出地で、
そのため、このような食べ方が考案されたのではないか?と言われていますface01

気になったのが、なぜ会津でも、信州の「高遠そば」と呼ばれるようになったか!?

調べてみると…

江戸時代初期、信州高遠の城主だった保科正之(松平正之)が、会津藩へ転封になった際、
信州の蕎麦の種と、蕎麦職人を一緒に会津まで連れてきて、信州の蕎麦や、その食べ方を
会津にも広めた。それで「高遠そば」と呼ぶようになった。

なのだそうですkao1

歴史を感じながら、会津と信州、両方のそばを食べ比べてみたいと思いましたkao2


7月20日(月・)解禁!
真夏の寒晒し蕎麦解禁まで、あと10日!


  


Posted by 悦波(スタッフ一同) at 18:05Comments(2)真夏の寒晒し蕎麦

2009年07月09日

福島県 会津地方 高遠(たかとう)そば

こんばんわ!

今日も全国各地の変わった蕎麦を紹介☆今日も…変わってますkao12



福島県、会津地方の高遠(たかとう)そばですkao11ネギが1本まるごとkao17

このネギ、実は箸の代わりなんだそうですkao19
ネギで蕎麦を上手にすくって食べるそうなんですが…絶対上手くいかないと思いますkao9
まぁ、やった事ないからわからないけど…icon10

しかも、蕎麦の合間にネギをかじってもOKなんだそうですkao10

エコになるから素晴らしいですね(絶対違う)


お蕎麦自体は、田舎系蕎麦が多いみたいです。
ツユは甘辛。大根おろしと味噌とかつお節が入ってるってのもあるからでしょうかkao5


7月20日(月・)解禁!
真夏の寒晒し蕎麦解禁まで、あと11日!


  


Posted by 悦波(スタッフ一同) at 17:02Comments(2)真夏の寒晒し蕎麦

2009年07月08日

近畿地方 敦盛そば

7月8日(水曜) 朝までicon03昼からicon02

こんにちわ!

昨日はあいにくの雨でしたね…icon11
織姫と彦星が逢えなかったから、その涙が雨になったんでしょうかkao9


話題は変わって全国各地の蕎麦紹介kaeru

今回紹介するのは、近畿地方(大阪、京都、神戸)の敦盛そばです。



一見、普通の盛り蕎麦に見えるんですが…写真のように、まず器に特徴があります。

蕎麦が盛られた木の器、これ実は蒸篭(せいろ)で、温かい蒸しざる蕎麦として出すんですkao17

左のトックリに入ってるのは、日本酒…ではなく温かくしたそばツユ。

そのツユに、ネギをたっぷり入れて食べたり、やかんに入った蕎麦湯を入れて食べたり
するんだそうです。

また、小皿に入った梅干しを、入れて食べたりもするそうですkao4スッパーイ

以外な組み合わせと思われるかも知れませんが…実は悦波でも、一時期、
風待草膳として出してました☆風待草=梅の別の呼び名なんだとか。

冷たい梅肉入りのツユと冷たいお蕎麦の相性はバッチリでしたkao5


で、なぜ敦盛そばと言うか!?なんですが…









熱い盛りそば=熱盛そば → 洒落で敦盛そば

単なるダジャレです。平敦盛は何も関係ないんです。

このオチってどうなんですかね…kao13
関西の人たちはダジャレ好きだしなぁ(;・∀・)


7月20日(月・)解禁!
真夏の寒晒し蕎麦解禁まで、あと12日!

  


Posted by 悦波(スタッフ一同) at 15:16Comments(2)真夏の寒晒し蕎麦

2009年07月07日

福井県 越前そば

こんばんわ!

はい、お蕎麦の紹介f01 

今日はまた日本に戻って、福井県の越前そばです♪



大根おろしが一番の特徴です。
なので、おろしそばと呼ばれる事も多いようです。

それ以外に入るのは、ねぎ、かつおぶし。シンプルです。
お蕎麦は、蕎麦の実の殻まで入った【挽きぐるみ】、黒い蕎麦です。

越前地方の蕎麦の歴史は、戦国期…室町時代のようです。

時の大名朝倉孝景が、非常食として蕎麦を栽培しようと広めたのが始まりなんだそうです。
もっとも当時は蕎麦がきみたいな食べ方が一般的だったみたいですが。

大根おろしをかけて食べた由来は、江戸時代の本多富正って家老が、
朝倉孝景と同様、非常食として蕎麦を民衆に広めた、
また、大根おろしと、(当時は贅沢だった)醤油をちょっとをかけて食べるのが、
蕎麦本来の味を堪能できる、栄養バランスもいい、って広めたって説が有力です。

蕎麦は痩せた土地でも育つので、昔からどこでも育てられてきたみたいですface01

食べ方はぶっかけスタイル。冬でも絶対冷たいツユしか使わないみたいですface08


【越前そば】って言い方は、昭和天皇が関係してるみたいで…
福井県へお出ましになられた際に、おろしそばをお召し上がりになられたんだそうです。
それが余程美味しかったのでしょう、珍しくおかわりなさったとか。
しかも皇居へ帰られてからも、「あの越前の蕎麦…、」と度々お言葉にされたという事です。

それから 【越前そば】と呼ぶようになったんだとか。
 

蕎麦通の方々の間でも、蕎麦の一番相性がいい薬味は大根おろし☆と言われるんだそうですkya-

7月20日に解禁する寒晒し蕎麦も、きっと大根おろしとの相性はイイはずheart

7月20日(月・)解禁!
真夏の寒晒し蕎麦解禁まで、あと13日!

  


Posted by 悦波(スタッフ一同) at 22:02Comments(0)真夏の寒晒し蕎麦

2009年07月06日

フランス そば粉ガレット

こんにちわ!

今日紹介するそばは、日本ではなく海外のそばですface08

そばは日本だけのモノと思われがちですが、痩せた土地でも育つからなのでしょうか、
アジアやヨーロッパ、アメリカでも昔から栽培されていたんだそうです。

その中の一つ、フランスの北西部、ブルターニュ地方の郷土料理、ガレットですface05

.

簡単に言えば、そば粉のクレープですface02

写真のように、野菜やハム、魚介類にチーズやきのこ等をのせた主食としてのガレットもあれば、
ジャムやバター、果物を入れて食べる、デザートとしてのガレットもあるんだそうです。


古くからブルターニュ地方の貧しい地域では、そばをそば粥として食べてたそうなんですが、
そのそば粥を、誤って熱い石の上に落としたのを食べたのが由来とされています。

へぎそばも…染料として使ってた布海苔を間違ってそばに落としたのが由来だったなぁface07
間違って何かに落としてしまうのは世界共通なんでしょうかkao12


ガレットは、シードル(りんごの発泡酒)やカルヴァドス(りんごのブランデー)を飲みながら、
カフェやレントランで食べる、比較的ポピュラーな食べ物なんだそうですface03


悦波でもガレット、何回か作ろうとチャレンジしてはいるのですが…中々納得できる味に辿り着けませんkao13

料理の世界は奥が深いです…。


7月20日(月・)解禁!
真夏の寒晒し蕎麦解禁まで、あと14日!  


Posted by 悦波(スタッフ一同) at 15:22Comments(0)真夏の寒晒し蕎麦

2009年07月05日

新潟県 へぎそば

こんばんわ!

今日紹介するのは、天地人の直江兼続が生まれた、お隣り新潟県のへぎそばですface01

結構有名なお蕎麦なので知ってる方も多いとは思いますが…

 写真小さくてごめんなさいicon10

そばが緑色なのが一番の特徴ですface08
何で緑色なのかというと、つなぎに布海苔(ふのり)という海藻を使っているから。



もともとはこんな赤い色してるんですが、茹でると綺麗な緑色になるみたいです。

へぎそば発祥の魚沼地方は、昔から織物の盛んな地域で(学校で勉強した記憶がかすかにある…)
その織物の染料としてこの布海苔も使われてたんだそうです。

その布海苔を、間違えてそば粉に落としてしまったらしく…icon15
それがへぎそばの始まりって説もあるんだそうですkya-

そば粉に間違っていれたkao17 余程うっかりしてたんでしょうねkao4
意図的に入れたとしか井上は思えないんですが…(笑)


じゃあ”へぎ”って何!? ってなると思うんですが…icon11

へぎは 剥ぐ(はぐ) → 剥ぎ → 片木(へぎ) となったらしく、
剥ぎ板…つまり板です(説明になってないじゃーんkao10)。それで作った器のことなんだそうです。

この器に、上の写真のように、一口程度に丸めて食べやすくして盛りつけるんだそうです。
この盛り方から”手振りそば”って言い方もされてるんだそうです。
 (へぎそばは呼び名が他にも沢山あるみたいでしたicon10

くっつかなくていいから食べやすい、って理由もあるんでしょうけど、
織物で使う紡いだ糸に似せて盛ったんじゃないか?って説もあるんだそうですkao3


ここまで何回か全国のお蕎麦を紹介してきましたが…
つなぎに特徴的な物を入れてたり、食べ方が変わってたり、器が変わってたりetc
本当に多種多様なんだなと思いました(;゚Д゚)


7月20日(月・)解禁!
真夏の寒晒し蕎麦解禁まで、あと15日!  


Posted by 悦波(スタッフ一同) at 19:23Comments(3)真夏の寒晒し蕎麦

2009年07月04日

栃木県 出流そば

7月4日(土曜) 真夜中までicon03→日中からicon01

こんにちわ!

今日も全国のお蕎麦を紹介していきながら、カウントダウンです足跡


今回のお蕎麦は、栃木県の出流そばです。

出流は”いづる”って読みます。
”しずる”ってお笑い芸人がいたような…関係ないか(当たり前)



別名『盆ざるそば』とも呼ばれ、大きなざるに出てくるのが特徴です。

気のせいかも知れませんが…どこのお店も、①人前とかっては出してなくて、
このようなざるにモコっと盛るのが、特徴みたいでした。(違ってたらごめんなさい)

基本的には蕎麦八割、小麦二割、の二八蕎麦で、つなぎに卵を使用してるみたいでした。

ちなみに、悦波の蕎麦は、小麦やつなぎを一切使ってないので【十割蕎麦】と言います。
今さら…って思われたかも知れませんが一応念のため…(;^ω^)


この出流そば…もとい、栃木市の出流町は、地産地消に特に力を入れるみたいで、
市などの行政が、かなり尽力してるように見受けられましたface01

最近、私たちもさまざまな場面で、地産地消に触れる機会が増えたけど、
結局は、行政やそこに住む市民など、み~んなが触れて、考えないと、
中々浸透しないのではないか?と思いました。

生意気な事言ってスイマセン。地産地消に関してもまだまだ勉強不足な井上デスicon10

7月20日(月・)解禁!
真夏の寒晒し蕎麦解禁まで、あと16日!


  


Posted by 悦波(スタッフ一同) at 15:15Comments(3)真夏の寒晒し蕎麦

2009年07月03日

長野県 とうじそば

こんばんわ!

早速、今日の全国各地のお蕎麦の紹介f01 今回はちょっと変わったお蕎麦です。



長野県、野麦峠周辺の旧奈川村に伝わる、とうじそばです。



初めて見た時は『何だコレ!?』って思ったんですが、信州地方の立派な郷土料理なんだそうです(;゚Д゚)

まず蕎麦と汁が別。で、汁が入った鍋は温かい。

鍋の中の汁には、山菜やきのこ、おあげ等がたくさん入ってて、
そのグツグツした鍋の中に、小分けした蕎麦を、竹で編んだかご(とうじかご)に入れて、
しゃぶしゃぶみたいに浸して、くぐして蕎麦を温かくして食べるんだそうです。

とうじる=投じる だから【とうじそば】って言い方になったって説もあるんだそうです。


コレはかなり変わった食べ方だと思います(;´∀`)

信州地方は冬は寒いから…このような食べ方を考えたんでしょうか?

でもわんこそばみたいに、祭の招待した側が、
早く食べろとポンポン蕎麦をカゴに入れて暖めて食べさせたって説もあるんだそうです…。
昔の人は皆せっかちだったんでしょうか?(違うだろ)

昨日わんこそばを紹介したので、今日はこのとうじそばにしました(;^ω^)


7月20日(月・)解禁!
真夏の寒晒し蕎麦解禁まで、あと17日!



  


Posted by 悦波(スタッフ一同) at 23:22Comments(2)真夏の寒晒し蕎麦